BLOG ブログ

畳の作り方とは?畳ができるまでの流れをご紹介

和の空間を創る上で、畳の存在は必要不可欠です。

日本では畳に馴染み深い歴史があるとはいえ、作り方までご存知の方は少ないでしょう。

そこで今回は、畳ができあがるまでの流れについて、工程別にご紹介します。

ぜひ本記事を読んで、畳の作り方や流れを理解していきましょう。

①お客様の畳部屋の採寸(レーザーを使って細かく)

新品の畳を作る前は、必ずお客様の畳部屋の採寸を行います。

お部屋に合わせて畳の形状を変えていく必要があり、一つ一つ見てみると細かに寸法が異なります。

また、寸分の狂いがないように、レーザー測定器と呼ばれる機器を用いて細かく採寸するのも現代では主流の方法です。

レーザー測定器は四方に直角に光を出していき、測定結果をもとに畳ごとの寸法を決めていきます。

②畳床を裁断

採寸後は、畳床を寸法に合わせて裁断していく作業です。

畳床はワラやポリスチレンフォーム などを使って作られます。

サイズに合わせながら、バラバラにならないよう縫いながら裁断していきます。

③測ったサイズに合わせて畳表を裁断

続いて、測ったサイズに合わせて畳表を裁断していく作業です。

畳表はその名の通り、畳の表面となる部分で、通常は「いぐさ」を用いて作られます。

最近では、和紙やポリプロピレンなどの素材を使う場合もあり、それぞれで特徴が異なります。

お客様の注文によって作られた畳表は、先ほどの測ったサイズになるよう裁断機を用いて整えていきます。

④畳床に畳表を貼る(框縫い(かまちぬい))

続いて、裁断した畳床に畳表を貼り付ける作業(框縫い)です。

畳床と畳表の角を合わせて固定し、麻糸で縫い付けていきます。

基本的に框縫いは機械で行う場合が多いですが、畳床・寄木の厚さに対応できず、ムラが生じる場合があります。

畳のハリを均一にするには、時間と労力はかかりますが、手縫いで貼り付けていく方がキレイに仕上がります。

また、状況によっては、機械縫いと手縫いを混合させて作業を行う場合も少なくありません。

⑤霧の吹付

畳床に畳表を貼り付ける際に、霧の吹付を行うのも作業の1つです。

昔は、ヤカンに入れた水を口に含み、霧吹きのように吹きかけていた時代もありました。

しかし、今は衛生上を考慮してスプレーで霧の吹付を行っています。

では、なぜ霧の吹付を行うのかというと、畳表で使用した「いぐさ」の乾燥を防ぎ、しなるようにするためです。

畳表の「いぐさ」は乾燥しきった状態になっているため、曲げることによって折れてしまう可能性があります。

折り目のクセもできてしまうので、貼付の前に必ず霧の吹付で水分を与えているのです。

また、最近ではAMコート(防カビ剤)で保湿の代用をすることもあります。

⑥畳縁(平刺し/返し縫い)

框縫いが終わった後は、畳縁を縫い付けていく作業です。

畳縁には平刺しと返し縫いの2つの作業を行う必要があります。

平刺しは、畳表に向かって上から下に畳縁を縫い付ける作業です。

その後、縁をめくり返し、畳床に縫い付けていく返し縫いをします。

上記の工程の後、表面をキレイに拭きあげれば畳の完成です。

⑦敷き込み

畳が完成した後は、最後に畳部屋へ敷き込みをする作業です。

畳によって形状やサイズが若干異なるため、指定した部分に合った畳かを確認し、敷いていきます。

【番外編】表替えの場合の作業工程

今回は、新畳を作る流れをご紹介しましたが、表替えの場合はどのような作業工程になるかも軽く触れておきましょう。

表替えは、従来の畳の畳表だけを張り替えて、表面をキレイにする方法です。

そのため、表替えの場合は新畳とは異なり、以下の作業が必要になります。

・表替えをしたい畳の畳縁・糸を外す

・畳床から畳表を外す

・畳床の掃除・サイズ調整

表替えのタイミングは使用してから大体4〜5年が目安です。

使用している間に畳のサイズや形状が微量に変わっている場合もあるため、改めて畳床に合わせて畳表を準備していきます。

上記の作業が終わった後は、「畳床に畳表を貼る(框縫い(かまちぬい))」の流れに沿って、畳を補正して完成です。

まとめ

今回は、畳の作り方や畳ができるまでの流れについてご紹介しました。

最近では、畳を作る際は機械を用いる場面が多く、それに伴ってリーズナブルな価格帯での提供が可能になっています。

しかし、切り欠き加工などの機械では難しい部分は、手作業で行う場面も少なくありません。

さらに、畳屋によっては、手縫いによって高度な技術を体現している場合もあるでしょう。

ぜひ、本記事を読んで、畳のこだわりを感じてもらえると幸いです。